*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の災難:歯科
河口湖からの帰り道、
昼食で寄ったインターでメールチェックすると
姉からメール着信有。

父が歯医者で誤飲して運ばれたらしい、怖いよねー。だって。
微妙にお気楽感がにじみ出てはいるが
これって大変な事じゃない(;・∀・)
運ばれたってことは…入院か?

母からメールで連絡行って、
姉は、まだ様子見に行ってないってことよね。
私に直接、連絡来ないのは、それほど重症ではないってこと?


途中のインターで降りれば実家に寄れる。
大体、インターでメール着信っていうのは
様子を見に行け、という姉の無言の圧力か(ーー;)。

行きました実家へ。
あいにく、こういう時に限って何も土産買ってないよー。

父は外出中だった。
車で、町内の夏祭り用の野菜の買い出しだって(;'∀')


事の次第は…私たちの旅行の前日、父は歯科受診。
歯を削っていたドリルの先端が外れ、呑み込んでしまった。
そしてひとりでタクシーで大きい病院へ行き、後から歯科医師が到着、母も呼び出され、
(家族が来ないと処置が始められないそうな)
内視鏡で胃の入口近くにあったドリル先端を取り出したという。

ドリルが外れること自体、ありえないし、
そもそも、誰も付き添わず一人で病院に行かせる?
その時点で家族に連絡、同行させるか
歯科医院から誰か付き添うとか
大体、ドリルを誤飲したら救急車レベルではないの?

完全な医療ミスということで治療代、タクシー代などすべて歯科医側が負担したそう。
最悪の場合は開腹手術もありえたらしい。

取り出したドリルの先端、見せてもらったが
長さ2センチ位、直径2~3ミリで弾力性があり、
確かにこれなら誤飲するな、というシロモノ。


急な雪窓一家の来訪で、ワイワイガヤガヤしてると
父、帰宅。まだ喉や食道に違和感があるそうだが元気だった。
信じられないのは父がまた、その歯科にかかるつもりということ。
昔から外面良いし、医師信仰が強いんだよね。

結局、父が買い出しに行ってきた西瓜をお土産にもらい、
家に帰った。

母「大変だったけど、皆の顔が見れて良かった。」

ホルモン療法が始まって、気持ちが落ちてた時は
実家に遊びに行く気もしなかったし、
両親が「行ってもいい?」というのを
何だかんだいって断っていたっけ。
夏休みになると娘も毎日のように部活があり
小学生の時のように顔を出す時間もなかった。

父の災難で、思いがけずちょっとした親孝行になったかな。


読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

驚きました!
こんなことってあるのですねー。
初めて聞きました。

開腹にならなくて、よかったです。^^;
それでもその歯医者に通うのですね。
心の広い人なのですね。
それとお母様の皆の顔を見れてよかったって
いいお母様ですねー

ホルモン治療で気持ちが落ちていたのは
回復したのですね?
気持が落ちるとシンドイですよね。
美味しい西瓜を食べて、気持をアゲアゲしてくださいね。


すごくよくわかります。わたしも実家にいくのが今はとてもしんどくて…。こられるのもなんやかやと理由つけて断って…親不幸ね。
たんぽぽの詩さん (^^)/
ビックリでしょ(;・∀・)

開腹手術で寝込んだりしたら
一応、高齢者だし認知症とか床ずれとか色々、大変なことになりそうだもんね。
内視鏡でとれて幸いでした(;´∀`)

父は…心は全然、広くないのよ、外面いいだけ。
悪運が強い親父です。
母が何かとフォローすることになるから大変。

気持ちが落ちてたのは、とりあえずは落ち着いてます。
メンタル系の薬を飲んでるからかな。
まだ薬を減量するのは怖いんです。

昔は西瓜は好きじゃなかったけど
最近は食べるようになりました。
大人になると味覚は変わるね。
リセットさん (^^)/
りせっとさん、はじめまして。
コメありがとうございます。

ブログ、読ませていただきました。
術後まもないんですね。
私も、その頃、気持ち落ちてました。手術前は何の自覚症状もなかったのが
手術してからが本当の治療の始まりでした。

辛いとき、一人でいるのがいい人もいれば
誰かと一緒にいるほうがいいひともいる。
私は、両親の顔を見ると、無理して立っていた自分が崩れそうで
本当に辛いとき、会いたくないです。
告知の時も電話でした。

リセットさん、今は身体をいたわって、ゆるゆると
楽に過ごせるといいですね。
告知、入院、手術と頑張った自分をいたわってあげましょう。
なんて、人生の先輩に向かって偉そうですね(^^ゞ
ビックリ
そりゃ驚いたね。
でも、大事に至らなくてよかったよ~
娘にしてみたら、もう!ってところだけど
お父様と歯医者さんとの長い間の信頼関係ってのが
あるのかもしれないね。
うーん。そんなこともあるのか~

娘家族みんなの顔を見れて
ご両親、大変な思いをしたことより
うれしい気持ちが大きいんだろうな。
雪窓さんも安心できてまずは良かったね(^_^)
ひかりさん (^^)/
ほんと、内視鏡で済んで良かったよ。

まさか、ドリルが外れるとはねえ。
詰め物でも外してて、飛んでそれを誤飲…てのはありそうだけどね。

娘家族の顔見せ効果は大きかったみたい。
親には元気でいてほしいよね。

ひかりさんにもご心配かけました(^^ゞ
ひゃーびっくり!そんなことってあるのだね~。
お父さまは大変だったね。さぞ心配だったでしょう。

旅行、楽しそうでよかった!

soraumiさん (^^)/
ビックリでしょ。本当に全く。
歯科受診するのが怖くなるよね。
今度、かかりつけの歯科の先生に話してみようかな。
雑談ネタとして(´艸`*)

旅行記事、読んでくれてありがとう。
子どもが、中学生になったから大人料金で懐が寂しいわ~
最新記事
プロフィール

雪窓(ゆきまど)

Author:雪窓(ゆきまど)
2012年10月、乳がん告知。
2012年12月、右温存手術、リンパ節転移なし。
(硬がん、ステージ1、ホルモン陽性、HER2陰性)。

2013年1月、術後の病理診断で、グレード3、
ki-67:20%、など判明。
2013年1月~4月 抗がん剤(TC療法)4クール 
2013年5月~6月 放射線治療25+5回   
2013年6月~   ホルモン治療(ノルバデックスのみ)

2014年3月   冠攣縮性狭心症の疑い 
   

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ↑クリックいただけると励みになります。
アクセスカウンター
カテゴリ
お気に入りブログ
情報サイト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。