*All archives* |  *Admin*

2013/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CT撮影と位置決め
<2013年4月中旬>
放射線科受診の続き。

何回も名前を間違えられ、
ムッとしつつ治療承諾書を記入。

その後、別室に移動。
CT撮影と照射の位置決めをし、ペンでマーキングされた。
男性技師さんばかり3人がニコリともせずに黙々と、取り囲んで
ペンで書いているのは何だか異様。

実は、気持ちの切り替えがとっても遅い雪窓は、
この頃はまだ退職勧告の件を引きずっていた。
当然、放射線治療へのモチベーションは思い切り低かった。
治療したって戻る職場がないんだもの。
待っててくれる仲間もいない。
それなのに、また新しい治療か(ーー;)
と、子どものようにすねていた。

そして腕あげて万歳の姿勢でバーを持って
上半身、裸で怖い顔した男性技師たちに
囲まれて…。(照射に通ううちに怖くなくなりました。
位置決めは細心の注意を払うため
技師さんたちも緊張していたようです)
不覚にも涙が込み上げそうになり我慢。我慢。
ここは泣く場所ではない。こんな所で泣いたら思いっきり迷惑な女だ。

作業の間、後ろで看護師さんが見守ってくれていて、それが不安な気持ちを支えてくれた。
終わって着替えているときも待っていてくれた。
看護師さん、ありがとう。m(__)m
あの時、きちんとお礼を言えなかった。
ローテーションの関係かその後、お会いしない。
お礼を言いたいけど何だか泣いちゃいそうだ。

病気になってから自分の気持ちを語ろうとすると
気持ちがたかぶって?泣きが入っちゃう。
困ったもんだ。

お会計(3割負担)¥4260



読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
放射線治療計画。名前を間違えないで。
2013年4月10日、ラストケモ。
そして4月下旬、放射線科を初受診。

私は、よく名前を間違われる…というか勝手にシャッフルされる。

例えば、私の名前がアイカワ エリ だとする。
それがアカイワ リエなんて別人になることも。誰だそれ。

放射線科医師「アカイワさん、診察室へどうぞ~。」
私でいいんですよね?とキョロキョロしていると
看護師さんまで「あっ、アイカワ リエさんですね、どうぞ」
どっちも違うって(-"-)

ファミレスの順番待ちで書いた名前を読み間違えられるのは、ざらにある。
それはまだ、いいんですよ、命を預けてるわけじゃなし。お店の人も忙しいし。

でも、病院で間違えられると、とっても不愉快。そして不安。
誰かと間違われてるのか?、とか。
そもそも注意力不足の医療従事者=信用できない気がする。
大人げないかもしれないが
アイカワ エリです( `ー´)ノと
力強く訂正してしまう私。

放射線治療計画は断端陽性(主治医は断端ぎりぎりと言っていたような?)なので
2グレイ×30回。両側より照射とのこと。

 説明書より。温存術後の残存乳腺には再発する可能性があります。
   
         断端(ー)…再発率1/4~5人
         断端(+)…ほぼ100%

      
       放射線をかけることで再発率を抑えることができます。
     
         断端(ー)…再発率1/20~30人↓
         断端(+)…1/10人↓



私、変なところで引きが強いんだよね、と再発率をみてへこむ。

そして、その場で治療承諾書を渡され、記入しようとすると
私の名前、また間違ってる。 アカイになっている。

ああ、もう(-_-;)

しつこいですがアイカワ エリです。
ちなみに、これはあくまで仮名。雪窓の本名は秘密(^.^)です。


読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


 
  
ラストケモから1カ月、TC療法をふりかえって
ここまでTC療法4クールの副作用を時系列で、書いてきた。

長くなってしまい、書いてる本人も忘れかけているので
繰り返しになるが、ここでもう一度、TC療法を振り返ってみる。
しつこくて、ごめんなさいm(__)m

他の方のブログを見ると副作用は本当に、ひとりひとり違うみたい。

私の場合はとにかく手足の皮膚症状が、メインだった。
1クール目に冷やさなかったのが敗因かも。
2クール目以降は頑張って冷やしたんだけど(;_;)

<手の指対策>
手指が赤く腫れ、痛がゆく、シャンプーやコンタクトレンズの洗浄液などが
ピリピリしみた。
物を触るのも刺激を感じた。湯呑み茶碗をもつと熱いので
マグカップでお茶を飲んでいた。

保湿クリーム、マイザー軟膏をつけ、綿の手袋をつけてひたすら手指を保護した。
保湿クリームを塗るときは爪や甘皮にも。
綿の手袋の縫い目が爪と指の間を刺激するので裏返して使った。
寝る時も保湿クリームをつけて綿手袋をして寝た。
家事で水を使うときは綿手袋をして更にゴム手袋をした。
シャワーの時はゴム手袋のみ。(手袋の中にどうしてもお湯が入ってくるので)

コンタクトレンズ(ワンデイタイプではなかったので)は
ケモ中は極力使わなかった。

スマフォの操作はタッチペンや専用手袋など、試したが
思うように反応しなかった。仕方なく、小指や関節の甲側部分で操作していたら、
その刺激で?皮膚が角質化し定規で引いたように直線的にめくれ上がった。
物に、ひっかかりそうなのでカットしたが
ベビー用のハサミタイプの爪切り
(なんて物持ちの良い私)がベスト。

抗がん剤→吐気→料理が作れないと思って念のため
宅配弁当(入院時にも利用)を手配したが、これにはずいぶん助けられた。

私は少し、食欲低下、胃もたれがあっただけで味覚障害も
ほとんどなかったのだけど手を使えなかったので弁当はありがたかった。
味噌汁などはゴム手袋して作っていたけど、手の感覚が鈍くなるためか
いつのまにか手袋が包丁で切れていたりして怖い思いもした。
怪我には要注意。

<足対策>
足の裏の痛みで38℃のお湯が限界。
真冬だったが38℃の湯船では、かえって湯冷めしそうだったのでシャワーにした。
寝る時も靴下をはいて保護、マイザー軟膏のお世話になった。

歯磨きや洗濯物干しなどの途中でも足裏の痛みが辛いときは椅子に座って休むようにしていた。
できるだけ歩かず、バスや車を利用。
靴はもともと魚の目ができやすいのでウォーキングシューズ派。
でも、歩くとやはり痛くなった。


そして、今はラストケモから約1カ月。
手は、時々、痛痒くなるのでPC操作をしたり、洗濯物をたたむ時は綿手袋で保護。
寝るときは保湿クリームを塗り手袋をする。5月だから、そろそろ暑いのだけど。

宅配弁当を止めて料理再開したら
やはり、足の裏が痛くなる。台所に椅子を置き、辛いときは座る。

調子に乗って歩くと後でやはり、足の裏が痛くなる。
なので、相変わらずバスや車の生活で歩いていない。
そうしたら、最近になって体重がじりじりと増えてきた(-_-;)
軟膏ぬるのを時々、さぼるのもいけないんだけどね。
靴下、はいて寝るのも暑くて嫌になってきた。

それと、今になってまぶたや顔がむくんできたような…
と思っていたら3月の卒業式、4月の入学式、とも写真を見たら
顔、むくんでました~。本人、自覚してないだけでした。
そして、今頃になって、元々、薄かった眉毛が更に、平安朝?に。
睫毛は元から薄く、とりあえず変わりはない。

最後に、主治医は再発リスクが中等度の人には、
TC療法を進めているようだけど、雪窓は副作用の足裏の痛みが
原因で退職することになってしまった。
事前に副作用について説明が欲しかったな、
そうしたら、違う抗がん剤を選んだろうなという思いがあります。
これは、今更、主治医には言えないけどね(;´∀`)

そんな事を考えつつも、今日は放射線治療の14回目/30回でした。

そうそう。ひとつ、嬉しいことが。
頭を撫でてみると…1mm位の毛が全体にみっしりと生えている(*´▽`*)



読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
TC療法4クールまとめ
過去の記録
<2013年4月10日~5月1日>

TC療法4クールのまとめです
今回も手足を冷やしました。

1~5日目 便秘(放置)
1日目~ 唇、舌のしびれ。胃もたれ。
     起床時から、まぶたが浮腫んでいる。
     そういえば、しばらく前から何だか顔も丸っこいような。
     太ったのか、浮腫みなのか。

4日目~ 両頬の赤み。左<右。
5日目~ 踵の皮がむけて痛い。保湿クリームを塗ってみる。
7日目  起床時からだるい。クラクラする。夕方、寝る。
7日目~ 水仕事の時のゴム手袋着用は続けていたが
     最近、普段は綿の手袋を怠っていた。
     そのためか指先の痛み、痒みが再燃。→マイザー軟膏。綿手袋も再開。
12日目~ 頭皮がカッと熱い感じ。脱毛第4シーズン。
      鼻風邪。
18日目 足裏の調子が良かったので徒歩20分くらいの所に外出。
     往復とも歩く。途中、お茶して休憩しっかりとったのに
     後で足裏の痛み、赤みがひどくなる。



読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村     
TC療法 3クールまとめ
過去の記録
<2013年3月6日~4月9日>
TC療法3クールのまとめです。
今回も手足を冷やしました

1~3日目 便秘
1日目~  頬の赤み、シミが目立つ。
2日目   立ちくらみ、疲労感があり、ケモ始まって初めて日中、横になる。
3日目~  舌のしびれ。
4日目~  朝から足の裏が痛い。歯磨き中も椅子に座る。
8日目~17日目 発熱(朝、37℃弱で午後になると熱が上がるパターン。
            病院の外来診察が午前中だけなので
            様子をみているうちに受診しそびれる。)
     8日目:37.8℃、関節痛
     9日目:37.8℃、関節痛
    10日目:38.0℃、関節痛、のどの痛み、両頬赤く右頬ヒリヒリする、指先赤く痒い皮むけ
    11日目:38.0℃、関節痛、のどの痛み、口内炎、指先赤く痒い皮むけ
         土曜なので病院の外来診療なし。近医を受診。
         PL顆粒、トランサミンカプセル、
         サワシリンカプセル(抗生剤)
 
    12日目:38.1℃、のどの痛み
    
    13日目:38.4℃、咳 
         主治医診察。採血→白血球値それほど低くない。
         胸部レントゲン→異常なし。肺炎は起こしていない。
         主治医「普通の風邪じゃないかな。
             抗生剤、飲まなくても大丈夫ですよ」
         雪窓 「でも、熱が下がらないんですけど」
         主治医「抗生剤がきかないってことは
             抗生剤が必要な病状じゃないってことですよ」
         雪窓 (???よくわからないけど、せっかく来たんだから
             薬だしてくださいな)
         主治医「…薬、欲しいですか?(苦笑)」
         結局、根負けした主治医がフロモックス(抗生剤)を
         出してくれる。
         解熱したら、のまなくていいから、と。

    
    14日目:朝から38.1℃。カロナール(解熱剤)のんで
         娘の卒業式へ(*_*;
         謝恩会のランチ会のみ出席。
         夜39.3℃(@_@)。
    
    15日目:38.5℃
    16日目:37.6℃
         フロモックスやめる。
    17日目:37.7℃
    
18日目 解熱。顔が赤かったところがガサガサしたシミにかわる。
20日目 味覚障害(甘いパンが刺激のないワサビ味?に感じた)

22日目 受診。本来は4クール目の日だが、まだ本調子でないのと、
     今日、抗がん剤をすると娘の入学式に発熱の時期があたるので、
     延期してもらう。
     血液検査は異常なし。

31日目 赤くなり、その後シミになった右頬が垢のようにむける 

*8~17日目の発熱はただの風邪なのか、
 白血球減少で別の何かに感染していたのか
 わかりません(確認しなかったけどインフルとは言われなかった)。
 3月1日の退職勧告で気力、免疫力ともども低下していたから
 なのかもしれません。病は気から(;´∀`)かも。


今日は放射線治療5回目でした。読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
退職勧告の後 1
過去の記録
<2013年3月上旬>

予想外の退職勧告に
退職を受け入れ、すごすごと帰るしかなかった。

足裏が痛いなんてバカ正直に言わなければ良かった?

乳がんを検診で(偶然、早く届いた無料クーポンで約6か月早く検診をうけた)
早期発見できたと思っていたけど
こんなことになるなら、遅れて発見して、
4月に契約更新してから手術になっていたほうが良かった?
(さすがに、こんな罰当たりなことを考えてはいけない、と反省したが)

復職を焦って性急に抗がん剤治療を決めた。
それなのに戻る場所が、なくなった。

TC療法ではない違う抗がん剤を使っていたら
仕事に支障のでるような足裏の痛みの副作用は出なかったのでは?
主治医ともっと上手にコミュニケーションを
とればよかったのか?

治療に対するモチベーションはガタ落ちだった。
そんな、中で迎えたTC療法3クール目。

主治医に、足裏の痛みがネックになり退職することになった経緯を報告した。
主治医「待っては、もらえないの?…では、治療をきちんとこなして
頑張ってください。」
頑張るという気持ちになれず、返事ができなかった。
この日、お願いしていたAdjuvant Onlineのプリントアウトを主治医から
ようやくいただいた。

じっくり眺める。

治療効果に着目すると
抗がん剤+ホルモン治療で89%が10年間、無再発生存する。
でも抗がん剤を用いても9%が再発するのだ。
私は10年後、どちらの側にいるのだろう。
仕事を失ってまで選んだ私の治療の選択は正しかったのか?

思考は悪いほうへとばかりさまよい続けた。
そしてTC療法3クール目は精神的なダメージのためか
初めて発熱。それも1週間以上、続いた。


読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
退職勧告 
過去の記録
<2013年3月1日>

4月以降のことを踏まえて面談をしたい、と
会社のAさんから連絡があった。
Aさんは私の直属の上司Bさんの、更に上に当たる人。
Aさんは非情な人という評判で通っているが
私が乳がんになってから数回、面談をするなかで
身内に、がんの方がいるとおっしゃっていて
がんに対する理解はある方なのだろうと
思っていた。

乳がん手術前は契約社員で週3日勤務だった。
1年契約を繰り返しもう10年勤務していた。
仕事は立ち仕事中心、接客もある。

Aさん、Bさん、私の三者での面談。
まず、現状を話す。
TC療法で足の裏が痛く現在、家事で立ち仕事は
休みながらしていること。
復職したら自分なりにバックヤードで小休憩を入れながら
何とかやっていこうと思っていること。
半日勤務をお願いできないかということ。
(実際、家庭の事情で半日勤務しているスタッフもいた)


ところがAさんから退職を勧められてしまった。

その状態では、きっと雪窓さんは無理をしてしまうだろう。
とても心配だから働かせられないという意味のことを言われた。
まず身体を完全に治して、そうしてからまた履歴書を出して
応募してくれれば、考慮すると。

ラストケモは3月下旬の予定。
次は放射線、ホルモン治療に進む。
正直、もう少し身体を休めたいのは事実だった。
でも3月末は契約の更新の時期に当たっており
休職のままでの契約更新は就業規則上、できないのだ。
だから、どうしても4月には復職しなければならなかった。

乳がん手術の時期は有給休暇を使い
それ以降は2カ月病気休職、抗がん剤が決まってからは
1カ月休職を延長してもらっていた。
合計3カ月間の休職だった。

正社員だったらもっと休職できただろうに。
非正規雇用の不安定さを思い知った。

そしてAさんは私を切り捨てたのだな、と思った。
心配だからというのは建前。
体調面でリスクを抱えているスタッフは
いらないということ。

今日は本当は4月からの働き方を話し合うつもりで来たのに。
甘かったんだな、私。
涙が出るのが悔しかった。



読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

雪窓(ゆきまど)

Author:雪窓(ゆきまど)
2012年10月、乳がん告知。
2012年12月、右温存手術、リンパ節転移なし。
(硬がん、ステージ1、ホルモン陽性、HER2陰性)。

2013年1月、術後の病理診断で、グレード3、
ki-67:20%、など判明。
2013年1月~4月 抗がん剤(TC療法)4クール 
2013年5月~6月 放射線治療25+5回   
2013年6月~   ホルモン治療(ノルバデックスのみ)

2014年3月   冠攣縮性狭心症の疑い 
   

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ↑クリックいただけると励みになります。
アクセスカウンター
カテゴリ
お気に入りブログ
情報サイト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。