*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査では「まだ閉経してない」
今日は、薬をもらいに乳腺外科へ。

傷の様子を診ましょう、と予想してなかった触診になり
両側の胸や頸部を触診…「異常ないですね」。

4月から就職したこと、その直前に狭心症疑いが分かったことなど
話したけど主治医、淡々とカルテに入力する。

主治医、もう少し「就職、良かったですね」とか
リアクションしてくれないかなー。
悪い先生ではないけど、もうちょっと話が弾む?診察だといいのにな。
こういう所は心療内科の先生と違うんだよね。
先生の性格もあるんだろうけど。


前回、1月に採血したホルモンバランスの結果が出ていた。

血液検査上ではまだ閉経してないみたいですね。
今の薬(ノルバデックスのみ)を続けましょう」

エストラジオール(E2) 200.0pg/ml
FSH(CLIA) 38.4mIU/ml




*難しくてよくわかりませんが閉経するとこうなるようです
女性ホルモン検査 よくわかる健康診断より

エストラジアール
[閉経後] 22 pg/mℓ以下

FSH(卵胞刺激ホルモン)(CLIA法)
[閉経後] 157.8 mIU/mℓ以下


ケモ中に生理が止まって1年2カ月経過しました。
このままノルバデックスの内服だけで閉経したほうが楽だなー。
リュープリン、高いし更年期症状が強くなりそうだし。


読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 狭心症・心筋梗塞へ
スポンサーサイト
夜中に目が覚める原因
心療内科で抗うつ薬を増量してしばらくしてから
夜中、2~3時間おきに目が覚めるので
心療内科で相談してみた。

先生は、薬の影響ではなく自律神経の乱れ
日中の活動不足が原因ではという意見だった。
目が覚めたあと、すぐまた眠れてるなら
眠剤とかも必要ないでしょうと。

辛くても朝はきちんと起きて日光を浴びたほうがよいそう。
(でも、朝気持ちが落ちてて辛いんだよね)
とりあえず、抗うつ薬は増量したまま続行。
素人考えで勝手に減薬しなくてよかった。

以来、日中は横にならずに、できる範囲の家事をして
活動量をアップしてみた。

そしたら目覚めない日もあればやはり、目が覚める日もある。

やはりホルモン療法と年齢相応の更年期症状で自律神経が混乱しているのかな。
とりあえず、目が覚める原因が何となくわかったので少し落ち着いた。

所で、求職活動…書類選考を通り1つ面接予定ができた。
2月中旬で、まだ先だけどインフルやノロに気を付けないと。

しかし、気持ちが落ちてるので
私、本当に働けるのか?それ自体が不安に思える日もある。
でも、このまま、家にいてもうつうつするばかりだし
子どもの塾代もかかるしなあ。


読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
ホットフラッシュ→悪寒
ノルバデックス飲み始めて、4カ月過ぎ…

ついに雪窓にも本格的なホットフラッシュ(ホトフラと略)がきたようです。
1時間に1回くらい、急に暑くなり頭皮にも汗かきます。
身体も少し痒くなります。
その後、しばらくすると急に寒くなります。

カーディガン着たり脱いだり、ああ忙しい。
この冬は暑くてタートルネックは着れないかも。

「おかんは悪寒がする」なんてギャグを飛ばし
周囲を凍り付かせております。

たまに、寝ているときに暑さのスイッチが入って目が覚め
うちわで頭をパタパタ。夏のように手足を出して…
で、寒くなって目を覚ます。

ホトフラって、体力消耗するのね。
女性なら誰でも通る道だが、きつい。山道、峠道のよう。

雪窓はノルバデックス(タモキシフェン)単独だし
年齢的にも40代後半なので、これは普通に更年期症状なんだろうな。

先日、乳腺外科に薬をもらいに行ったとき
「そういえば、ホットフラッシュがでるようになりました」と
報告したら漢方薬を勧められました。
ただ、薬は何だかんだと5種類も飲んでるので
漢方薬はとりあえず保留にしました。


読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓

にほんブログ村

心療内科に行ってきました
6月12日からホルモン治療(ノルバデックスのみ)が始まり、
気持ちが落ちていた雪窓。
先週、ようやく心療内科に行ってきた。

予約を入れた時よりだいぶ気持ちが持ち直していたが
内科から診察なしで薬だけ処方してもらう…というここ数年を
反省し、そろそろかかりつけのメンタル医を決めようと
重い腰を上げて行ってきた。

A医院…なぜここにしたかというと、知人がかかっていたのと
ホームページに女性のホルモンバランスと精神的な影響などが
触れられていたので、今の私にピッタリかもと。飛びついた。

ビルの上階にあるので、うっかり知り合いと会うなんてこともなさそうだし。

数年ぶりのメンタルクリニック。
初診なので問診表と心理テスト(○、×)、学歴、職歴などなど、
沢山書いた。「災害にあったり誘拐されたり、人質になったことはありますか」
なんて項目もあり、私の人生、乳がん以外は平穏だったんだな。
何だかんだで30分くらいかかってしまった。

それから看護師さんの予診。
さっきの問診表に書いたのとほぼ同じことを説明。

「乳がんにかかりまして」と話し出すと、とたんに涙ぐんでしまう。
手術から半年以上たっても、相変わらずだな。
これじゃあ、友人にカミングアウトなんてしたら
号泣?

退職勧告を受けた件でも涙、涙。
苦手なタイプの看護師さん(せっかちな感じで詰問されてる気がして)だったけど
とりあえずは色々と話して予診の段階ですっかり泣きつかれてしまった。

そして、ようやく医師の診察。
50前後のサバサバとした感じの女医、B先生。

日頃感じていた夫への不平不満、ここでは書けないけど
子どもに関して悩んでいたことや
子どもの育て方を実親から批判されて悔しかった思いなどを
思い切り語ってしまった。
先生、私、ここでこんな事、話しててもいいですか?
なんて、また泣きながら。

本題のホルモン治療が始まって気持ちが落ちているが、
やや持ち直してきていること
今、飲んでいるメンタル系の薬を替えるかどうかなどは
ノルバデックスを飲み始めたばかりで、あまり薬を替えたくないという
私の希望を伝え、当面、現在の薬で様子を見ることになった。

B先生は「雪窓さん、乳がん治療が一息ついたから疲れが出ちゃったのかな?」
とも言われ、退職勧告され治療の目的を見失ってしまった雪窓の気持ちも
受けとめて下さり、少しゆっくりしたら?と言われた。

前向きに、とか頑張ってとかは、言われずにほっとした。

初対面の看護師さんや先生と話して、いっぱい泣いて、すっかり疲れて
消耗して帰宅したけど

B先生、いい先生でよかった(*´▽`*)

教訓。初診は、けっこう疲れます。予約もすぐにはとれません。
気持ちがどん底になる前に
早い段階での受診をお勧めします(^_-)-☆


今日は、朝から熱中症気味で何だかフラフラ。
一人でクーラーはもったいないけどつけちゃいました。
車に乗ったら温度計は39℃(;・∀・)。ちなみに日陰に停めておいた車です。熱中症予防のキャンディを買いました。


読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
気分が沈む
ホルモン治療でノルバデックスを6月12日から飲み始めた。
そして、約10日。

気持ちが沈む。

朝、子どもを送り出して洗濯機を回し、電池切れのように横になる。
やることは色々あるのにどうしても、意欲がでない。
怠けたいというのとは、全く違う、この精神状態。

うつだ。
この気持ちは覚えがある。
雪窓は産後うつ病になったことがある。
その後、回復したが微量ながらメンタル系の薬を
ずっと飲んでいる。
告知された時や退職勧告された時も凹んだけど
その時の気持ちとは今は明らかに質が違う。

ここ数年は症状が落ち着いていたので
近所の内科でメンタルの薬だけ処方してもらっていた。

これは、さすがに診察をうけたほうがいいだろう、と
乳がん治療している病院の精神科に問い合わせる。

すると精神科を受診したことのない人を対象にしか診察していないそうな。
ノルバデックスがらみなので、ここで診てもらおうと思ったのに。
ショック。

数年ぶりに前に通っていた大学病院にかかろうとしたら
久しぶりすぎて新患扱いとなり予約が少し先になるとのこと。

とりあえず薬も底をついていたので
内科で薬を出してもらう。

よく考えると、大学病院はちょっと遠いので本当は
かかりつけのメンタル医を見つけたほうがいいんだよね。

心当たりのある診療所がひとつあり、そこに予約をいれた。
取れたのが7月初旬。メンタルに悩む人、多し…。

それまでは自分でメンタルの薬を調整して、しのぐしかないかな。
かかりつけのメンタル医、症状が落ち着いているときに決めとけば
良かった(>_<)


読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

雪窓(ゆきまど)

Author:雪窓(ゆきまど)
2012年10月、乳がん告知。
2012年12月、右温存手術、リンパ節転移なし。
(硬がん、ステージ1、ホルモン陽性、HER2陰性)。

2013年1月、術後の病理診断で、グレード3、
ki-67:20%、など判明。
2013年1月~4月 抗がん剤(TC療法)4クール 
2013年5月~6月 放射線治療25+5回   
2013年6月~   ホルモン治療(ノルバデックスのみ)

2014年3月   冠攣縮性狭心症の疑い 
   

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ↑クリックいただけると励みになります。
アクセスカウンター
カテゴリ
お気に入りブログ
情報サイト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。