*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就活 実を結ぶ
昨年秋から細々と就活を続けていましたが

内定しました。

乳がんになる前と会社は違いますが同じ職種です。
退職勧告を受けた前の会社☆過去記事☆へ復帰しリベンジしてやる( ̄▽ ̄)とも
考えたのですが
どうせなら職住接近を、と考え新天地に行くことにしました。

ここまで未経験の職種に3か所応募し、あえなく撃沈。
そうこうするうちに足裏の調子が良くなってきたので
そろそろ立ち仕事できるかもっ(*'▽')と
経験のある仕事に応募したら…決まりました。

40後半になると未経験者は採用されにくいのかもしれません。

内定が決まったとき、嬉しさよりも不安が先に立ちました。
年末以来の、うつ状態がだいぶ回復したとはいえ
日によっては立ち直れないほど激しく出ることもあり…。

だから、ブログで内定しましたと報告するのに1週間ほど迷いました。
(ついに書いちゃったよ~)

ここまで支えてくれた皆様、ありがとうございましたm(__)m
温かい励まし、共感のコメントのおかげで、
ここまで来ることができました。

感謝です(*^-^*)

今日、やっとお雛様を出しました。年々、面倒になります。

読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト
就活 撃沈
家にいては気分が落ちるばかり…

ケモの後遺症で足裏は痛いが短時間の勤務なら、と
セミロングのウィッグで写真を撮り履歴書を送って
はや17日目

音沙汰ないなー
自毛デビューしたいんだけどなー
でも、面接で写真と違ってたら変だよね、なんて勝手に妄想をめぐらしてたら
今日、履歴書が返送されてきた

ちょうど、問い合わせしようと思ってた所で
ギリギリセーフ。気まずい思いをせずに済んだわー(;´∀`)

面接以前に、書類選考で落とされたのは
未経験の職種だったのがマイナスに働いたかな(>_<)
まあ、仮に面接に進んだとして乳がんのこと話して
不採用だったらもっと傷が深かったからこれで良かったのかも。

丁寧な、断りの手紙と図書カードが同封されていてビックリ。
とっても誠意を感じ…こういう方の下で働けたら良かったのに
つくづく残念だなー。

こうなったら自毛デビューしてやる( `ー´)ノと
カラ元気を出し、美容室の予約とっちゃった。

どうかこの「就活撃沈」の記事が、
その2、その3、とシリーズ化しませんように(´ー`)



読んでくださってありがとうございます。
クリックいただけると励みになります。
↓↓

にほんブログ村
退職勧告の後 1
過去の記録
<2013年3月上旬>

予想外の退職勧告に
退職を受け入れ、すごすごと帰るしかなかった。

足裏が痛いなんてバカ正直に言わなければ良かった?

乳がんを検診で(偶然、早く届いた無料クーポンで約6か月早く検診をうけた)
早期発見できたと思っていたけど
こんなことになるなら、遅れて発見して、
4月に契約更新してから手術になっていたほうが良かった?
(さすがに、こんな罰当たりなことを考えてはいけない、と反省したが)

復職を焦って性急に抗がん剤治療を決めた。
それなのに戻る場所が、なくなった。

TC療法ではない違う抗がん剤を使っていたら
仕事に支障のでるような足裏の痛みの副作用は出なかったのでは?
主治医ともっと上手にコミュニケーションを
とればよかったのか?

治療に対するモチベーションはガタ落ちだった。
そんな、中で迎えたTC療法3クール目。

主治医に、足裏の痛みがネックになり退職することになった経緯を報告した。
主治医「待っては、もらえないの?…では、治療をきちんとこなして
頑張ってください。」
頑張るという気持ちになれず、返事ができなかった。
この日、お願いしていたAdjuvant Onlineのプリントアウトを主治医から
ようやくいただいた。

じっくり眺める。

治療効果に着目すると
抗がん剤+ホルモン治療で89%が10年間、無再発生存する。
でも抗がん剤を用いても9%が再発するのだ。
私は10年後、どちらの側にいるのだろう。
仕事を失ってまで選んだ私の治療の選択は正しかったのか?

思考は悪いほうへとばかりさまよい続けた。
そしてTC療法3クール目は精神的なダメージのためか
初めて発熱。それも1週間以上、続いた。


読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
退職勧告 
過去の記録
<2013年3月1日>

4月以降のことを踏まえて面談をしたい、と
会社のAさんから連絡があった。
Aさんは私の直属の上司Bさんの、更に上に当たる人。
Aさんは非情な人という評判で通っているが
私が乳がんになってから数回、面談をするなかで
身内に、がんの方がいるとおっしゃっていて
がんに対する理解はある方なのだろうと
思っていた。

乳がん手術前は契約社員で週3日勤務だった。
1年契約を繰り返しもう10年勤務していた。
仕事は立ち仕事中心、接客もある。

Aさん、Bさん、私の三者での面談。
まず、現状を話す。
TC療法で足の裏が痛く現在、家事で立ち仕事は
休みながらしていること。
復職したら自分なりにバックヤードで小休憩を入れながら
何とかやっていこうと思っていること。
半日勤務をお願いできないかということ。
(実際、家庭の事情で半日勤務しているスタッフもいた)


ところがAさんから退職を勧められてしまった。

その状態では、きっと雪窓さんは無理をしてしまうだろう。
とても心配だから働かせられないという意味のことを言われた。
まず身体を完全に治して、そうしてからまた履歴書を出して
応募してくれれば、考慮すると。

ラストケモは3月下旬の予定。
次は放射線、ホルモン治療に進む。
正直、もう少し身体を休めたいのは事実だった。
でも3月末は契約の更新の時期に当たっており
休職のままでの契約更新は就業規則上、できないのだ。
だから、どうしても4月には復職しなければならなかった。

乳がん手術の時期は有給休暇を使い
それ以降は2カ月病気休職、抗がん剤が決まってからは
1カ月休職を延長してもらっていた。
合計3カ月間の休職だった。

正社員だったらもっと休職できただろうに。
非正規雇用の不安定さを思い知った。

そしてAさんは私を切り捨てたのだな、と思った。
心配だからというのは建前。
体調面でリスクを抱えているスタッフは
いらないということ。

今日は本当は4月からの働き方を話し合うつもりで来たのに。
甘かったんだな、私。
涙が出るのが悔しかった。



読んでくださってありがとうございます。
励みになります。よろしければ
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

雪窓(ゆきまど)

Author:雪窓(ゆきまど)
2012年10月、乳がん告知。
2012年12月、右温存手術、リンパ節転移なし。
(硬がん、ステージ1、ホルモン陽性、HER2陰性)。

2013年1月、術後の病理診断で、グレード3、
ki-67:20%、など判明。
2013年1月~4月 抗がん剤(TC療法)4クール 
2013年5月~6月 放射線治療25+5回   
2013年6月~   ホルモン治療(ノルバデックスのみ)

2014年3月   冠攣縮性狭心症の疑い 
   

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ↑クリックいただけると励みになります。
アクセスカウンター
カテゴリ
お気に入りブログ
情報サイト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。